きれいな写真のメリット

機材

好印象を残せます

日本で生活していると何かと証明写真が必要になります。履歴書をはじめ、免許証やパスポートなどの公的身分証明書の発行、資格取得のための書類など、様々な場面で写真添付が求められます。一時的に使うもの、例えば海外への渡航時に取得するビザ申請書類や試験時の受験票など、添付するだけですぐに不要になるような写真であれば、特に神経質になる必要はありません。自分でデジカメやスマホで撮影して印刷したものであったり、半年以上前に撮影したものだったりしても、本人だと判断できれば証明写真の目的は達成されるので十分です。しかし、それ以外の場合では品質にこだわってみましょう。公的身分証明書は数年間同じものを使用しますし、就職活動時に企業に提出する履歴書は直接会う前に本人のイメージを伝えるために重要です。人は見た目で8割くらい相手の性格などを判断してしまうという研究もあるくらいなので、使用頻度の高い書類や重要な書類にはきれいな証明写真を使いたいですね。最近はスピード写真の機械を見かけることも増え、安価、手軽に証明写真を用意できるようになりました。しかし、やはり写真屋さんでの撮影にはかないません。スピード写真に比べて少し高くなりますが、写真屋さんでは照明、背景に配慮されている上、撮影技術やプリント時の紙質も違います。撮影前にも表情や姿勢、身だしなみのチェックもしてもらえて安心ですし、必要なサイズに合わせて余白の調整もされるため、長く使えるきれいな写真が準備できます。